lacaniana  

ラカンを年代順に読破。非ラカン派有志によるプロジェクト。全著作・講義解説!

2015-07-06から1日間の記事一覧

メディウムとしての声:「ローマ講演」第3部(その4)

Ecrits, p.299~ 秘密の言葉の原始的な伝統における使用においては、主体がみずからの人格あるいはみずからの神々をつぎのように同定する。それらを明かすことが、みずからを喪失したり、神々を裏切ったりすることになるのである。じぶんについての打ち明け話…